中学・高校向けキャリア教育にPROFESSIONs授業

どんな高校でも対応可能な授業

普通科、総合学科、食の専門学科など、幅広い高校でカスタマイズしてご活用いただけます。

「食の専門学科向け」「普通科・総合学科向け」と、それぞれの分野に対応した授業を用意しています。また、授業の狙いに合わせて働く大人120人以上のインタビュー記事から自由にカスタマイズすることも可能です。
目的に合わせて選べる、2つの授業

生徒のキャリア探究の段階にあわせて、2種類の授業からお選びください。

目的別に、特別授業01と特別授業02の2種類の授業を用意しています。授業01、または02だけの実施でも、授業01と02の両方の実施でも可能です。また、どちらの授業も予習ありの1コマ(50分)バージョンと、予習なしの2コマ(50分×2)バージョンをご用意しており、ご都合の良いほうをご選択いただけます。
特別授業01

なぜ働くのか?
働く
やりがい
を発見!

この授業の狙い

  • 「なぜ働くのか?」について、仕事の三要素(経済性・社会性・個人性)にふれながら、社会人の事例をもとに、自分なりに働くことへの“やりがい”を考えはじめる。(=何のためか?)
※普通科・総合学科向け授業例
特別授業02

どんな職業で働きたいか?
働く
きっかけ
を発見!

この授業の狙い

  • 「どんな職業で働きたいか?」について、想像以上に多種多様な職業が存在すること(新しい職業が誕生していること・自分自身で新しい職業をつくれること)にふれながら、社会人の事例をもとに、自分の過去・現在から将来の働く“きっかけ”を考えはじめる。(=何がしたいか?)
  • 働くことは今の学びの延長線上にあることに気づき、目の前の学校生活で頑張れることを考えはじめる。(=今日から何をするか?)
※普通科・総合学科向け授業例
授業で身につく力
キャリア観の育成はもちろん、将来社会で活用できる下記のような能力も身につけることができます。
情報を集め、
分析する
情報収集力
自分の考えを
表現する
表現力
仲間の意見を聞き
協働する
他者理解力
協働力
コミュニケーション能力
自己を把握し
将来を考える
思考分析力
自己理解力
将来設計力

お問い合わせ先

professions-t@tsujicho.com